2016年11月30日水曜日

ガルベストンでの思い出②

この日はフリータイムでしたので
ヒューストンの校外にある美術館をMayukoさんとMarkに
案内してもらいました。





こちらの美術館はヒューストンの中心部から
少し離れたところにあり、なんと日本人の方の作品が!





右の方は、大森マリさんといって
ヒューストンのローン・スター・カレッジで
教鞭をとっている作家さんです。



大森さんはヒューストンで一番有名な日本人作家さんで
自分からどんどん前に出て、作品を発信している素敵な方です。
この日は大森さんが東北を旅してつくった作品が飾られていました。


大森さんいわく、どうしてもヒューストンでは
(他の地域でもそうかもしれませんが)
アジア人アーティストは低く見られるそうです。
大森さんはその概念をなくすために自分が有名になることで
ヒューストンの芸術界を変えようと頑張っていらっしゃいます。
とても刺激になりました。
日本から遠く離れた場所で、アジア人の日本人の誇りを持って
活動していることが本当にすごいことで
私も大森さんの考えに共感できました。
また次回お会いしてお話を聞かせてもらいたいです。


そしてこの日はすごいことが起こりましたよ!
大きなお屋敷ですね。





実は今回、ガルベストンへ来る前にDocからある人を紹介していただいたんです
その方は毎年5月にヒューストンで日本祭りという2日間で3万人もの人が
訪れるイベントを主催しているジャスティン・クーパーさんという方です。
ジャスティンさんがガルベストンの鯛車教室を視察していただき、
この日はホームパーティーに招待していただきました。



映画に出てくるような家ですね!






そして夕食は奥様のリンさんの手作り。
全てが美味しくて見た目もオシャレで
言うことありませんでした!!





こちらがリンさん。絵がとても上手でこんな絵はがきも!

数年前にジャスティンさんとリンさんは日本に住んでいたこともあり、
日本語も少し話せて、お二人とも日本の文化が大好きで
特にリンさんは絵を描いたりつくったりするのがとても好きなようです。
教室は終わっていまいましたが、
鯛車をどうしてもつくりたいとのことでしたので
材料を置いてきたくらいです!



この日はMayukoさんはじめDocや、
ヒューストンの領事館の方も来ていただき
交流させてもらいました。
とても楽しいひとときでしたね!


今回、ジャスティンさんにお会いした一番の理由。
そうです!来年5月のヒューストン日本祭りに
招待されることに決まりました!


こちらが開催場所となる
ヒューストンのハーマンパークという巨大な公園です。


こちらの公園には立派な日本庭園もあるんですよ!



今から来年5月が楽しみでしかたありません。


つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿